【口コミ】ユニクロユーのフリースジャケットよりもファーリーフリースフルジップジャケットがオススメな理由

ファッション

虫食いのせいでセーターが信用できなくなった私は、

【やられた】もうセーターを着るのはやめようと思う【フリース最高】

2018.11.21

フリースを購入することにしました。
フリースといえばユニクロ。ということで、
巷で話題のファーリーフリースフルジップジャケットを購入してきたので、
レビューしていきたいと思います。
と、その前にユニクロユーでもフリースジャケットはいくつか発売されていますが、
僕は

・手触り
・価格
・汎用性
・他人の視点

の観点から考えた結果、通常ラインのファーリーフリースフルジップジャケットを購入しました。
どうしてそのような結果になったかについて、詳しく説明していきます!!

 

手触り:めっちゃいい!!

これ、店頭で触ったことがある人はわかると思いますが、
ふわっふわでトロトロしていてめちゃくちゃ気持ちいいんですよね。

伝わるでしょうか。このトロトロ感

僕が購入したときは、昔からある普通のフリース(フリースフルジップジャケット
が限定価格で1990円→1490円になっていたのですが、
触り比べてみると、普通のフリースの方がぼそぼそしていて安っぽいと感じてしまいました。
おそらくコートなどのインナーにするにはそちらのほうがかさばらずにちょうどよさそうですが、
触り心地が段違いによかったファーリーフリースの方を気に入りました。

それではユニクロユーのフリースジャケットと比べるとどうでしょうか。

触り心地で言ったらユーよりファーリーに軍配が上がります。

ベーシックなフリース:ぼそぼそ
ユニクロユーのフリース:ごわごわ
ファーリーフリース:とろとろ

といった感じでしょうか。

ユニクロユーのフリースがなぜごわごわかというと、
おそらくはパタゴニアなどのアウトドアブランドのフリースをイメージしているのだと思います。
オーバーコートのインナーに、というよりは完全なるアウターという位置づけでしょうか。
アウターとしての使用が前提のため、硬めの生地感でしっかりしており、
着心地としてはイマイチと感じました。
その点、ファーリーフリースは、クタクタしてしまうわけでもなく、
アウターとしてもインナーとしても使える、バランスのとれた作りで、着心地も抜群でした。

ニットの代替品として買うわけですが、
手触りがとろとろしているので普通のウールは勝てません。
高級なカシミヤとかシルクでないと勝てないのではないでしょうか。

価格:驚きの1990円

意味がわからない。
というかベーシックな方のフリースと値段一緒ってどういうことでしょう笑
しかも僕は通常価格で購入しましたが、後日期間限定で1490円になっていました。

数年前買ったチャンピオンのボアフリーススウェットは8000円ぐらいしましたが、
触り心地はほぼ同じです。
その4分の1の価格で手に入ってしまうというユニクロの恐ろしさ。

ユーの方のフリースも、あのボリューム感で1万円を切るというのは
安いことは確かでしょうが、やはりファーリーフリースのインパクトには負けます。

汎用性:アウターにもインナーにもなるため使いやすい!

先程からちょいちょいファーリーフリースは
アウターにもインナーにもなるということを言ってしまっていますが、
実際に他の服と合わせてみましたので、ご覧ください。

インナー編

こういったコートの下に上まで閉めて着るとハイネックみたいでかっこいい

「タートルネックのニットだとキザになりすぎるなー」という時も
これならフリースのちょいダサ?な素材感も相まってかっこつけすぎなくていい感じです。

アウター編

めちゃベーシックにオックスフォードシャツを入れ込んでみました

ちょっとマジメな印象ですね。
さらにシャツの上にインナーダウンなんぞ挟んでしまえば結構な寒さも大丈夫
フリース自体には防風性はないので、風が吹くとひんやりしてしまうのですが、
中にインナーダウンを挟むことにより、ある程度は風をシャットアウトすることができます。
これで最高気温13度の日に一度出かけましたが、日中暑くてフリースを脱ぎました笑

他人の視点:潔い!ユニバレ上等!!

最後は「これを着ていることによって他人からどう思われるか」という観点について語ります。
最初に言っておくと、ユニバレは確実にします笑
この価格でこのクオリティですし、特に大型店限定というわけでもない通常ライン。
そして近年のユニクロの無敵感からすると相当な販売量であることは間違いありません。
ですので、外で着ている以上に、家の中でしか着ない人もいると思われるので、
持っている人は体感以上に大いでしょう。
ですのでユニクロだとバレる可能性は高いです。

では、ユニクロユーの方はどうでしょうか。
こちらの商品は販売していない店舗もありますので、
実物を目にする機会で言うとファーリーフリースよりも少ないです。
しかし、ユニクロユーはインスタグラムなどでこぞって紹介されているため、
ネット上で見かける回数はファーリーフリースよりも多いかもしれません。

さらに、パタゴニアのレトロXが品切れ続出をしている状況を考えると、
ユーのフリースとレトロXは使い方として被るポジションにあるので、
見る人によっては、乗り遅れ、もしくは金銭的に買えなかった人、
と言うレッテルを貼られる可能性もあります。
デザインはそこまで近いわけではありませんが、
「厚手のアウター用フリース」という点で、
パタゴニアの下位互換を着ていると言う印象は否めないでしょう。

その点ファーリーフリースはというと、先ほども言ったようにユニバレは確実なため、
それを着ているなんていうことは「ユニバレ上等!」と言う潔い印象さえ与えることができます。
堂々と着ていれば、ユニバレを逆手に取ることができるのです。

それが嫌だという人は、ユーのフリースを着ても
先述したようなレッテルを貼られ、恥ずかしさを感じてしまうと思うので、
パタゴニアを頑張って手に入れるしか方法はなさそうです笑

またそのうち限定価格になると思いますので、まずは1枚、手に入れてみてはいかがでしょうか!

それでは〜〜