UNIQLO U 2019AW ミラノリブジャケット 2019SSとの違いは??

ファッション

UNIQLO U 2019AWのラインナップがオンラインでやっと見られるようになりましたね!
画像からイメージを膨らましてどれにしようか考えている方も多いのではないでしょうか?

今回もよさげなラインナップですが、一番気になったのはこれ!
UNIQLO U 2019AWミラノリブジャケット


※ユニクロオンラインストアより引用

僕は2019SSモデルを購入していますので、
画像など限られた情報からわかる範囲で違いを比較したいと思います。

※2019SSモデルのレビューはこちらから

【口コミ】Uniqlo U 2019SSはミラノリブジャケットとイージーワイドフィットテーパードパンツがオススメ!!

2019.02.02

ポケット


※2019AW画像はユニクロオンラインストアより引用

まずパッと見て気づいたのはポケットです。
2019SSは腰の高さに2つポケットが付いていましたが、
AWでは胸ポケットのみ
よりすっきりとした印象で着ることができます。

そしてポケットで気づいた点がもう一つ。
胸ポケットの位置が変わっていますよね。
SSモデルは胸のあたりでいわゆる一般的な位置ですが、
新しいAWモデルはお腹のあたりの位置についています。
ボタンとの位置関係で見てもらえるとわかりやすいかと思います。

ボタンの数


※2019AW画像はユニクロオンラインストアより引用

ボタンの数もSSとAWでは変更されています。
SSモデルが2つボタンであったのに対し、
AWモデルは3つボタンで、よりクラシカルな雰囲気です。

SSモデルは、2つボタンでキザっぽくなってしまいがちなところを、
フロントのポケットを3つにすることでかわいらしさをプラスしてカジュアルダウンしています。

それに対して、3つボタンでカッコつける感じなく着ることができるAWモデルは、
あまりカジュアルに寄りすぎないようにポケットを1つのみにしたのではないでしょうか。

このあたりのさじ加減がルメールさん率いるデザイナーチームの絶妙なバランス感覚ですね。

素材

素材ですが、
SSモデルは、88%綿、12%ナイロン
AWモデルは、88%毛(メリノウール)、12%ナイロン
となっっています。

SSモデルは、春〜初夏まで着用することを想定しているため、
綿をメインに使用しており、
AWモデルはどんどん気温が下がっていく季節に着用することを想定して、
ウールメインの仕様になっています。

ミラノリブジャケットの商品説明に
「ソフトでクリーンな表情の19.5マイクロンのメリノウールにストレッチナイロンを編み込んだ素材」
とあるように、かなり細いウールを使用しているため、実物は光沢感がありそうですね。
ここまでわかっている情報からでも、SSモデルよりも
より上品に、高級感のある仕上がりになる要素が盛り込まれているのがAWモデルです。

おすすめカラーは??

2019AWモデルでオススメのカラーはズバリ「34BROWN」です。


※ユニクロオンラインストアより引用

今期のUNIQLO Uはブラウン推しのようで、パンツにもブラウンカラーの展開があるものが複数あります。
ブラックやネイビーは使いやすいのは百も承知ですが、正直いつでも手に入りますし、
もしユニクロの通常ラインでニットジャケットが発売されれば確実にラインナップされるカラーです。
ですので、これを逃すとブラウンのニットジャケットをユニクロで手に入れる機会がなくなってしまうかもしれません。
さらには、ブラウンのようなカジュアル寄りなカラーにも関わらず、素材感が高級感漂っているため、
キメすぎず、さりげない感じで気軽に羽織りやすいため、出番が必然的に多くなります。

そのような観点から見ても、ブラウンが買いです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はUNIQLO U ミラノリブジャケットの2019AWとSSモデルの違いについてご紹介しました。
この記事が、すでに2019SSモデルを持っている人や、
SSはスルーしたけどAWで購入を検討しているという方の参考になれば幸いです。